高い還元率の業者選び【クレジットカード現金化MG】

業者によって様々な現金化の還元率!より良い業者を選ぶには! - 還元率が違っているのか?

還元率が違っているのか?

ネット検索をしてみると、相当の数のクレジットカード現金化業者のサイトを目にすることになるのですが、
その現金化業者のサイトを見ていると、その業者によって還元率が違っています。

クレジットカード 現金化に興味を持っているということは、お金に苦労をしていて、お金を工面したいと考えている人がほとんどだと思います。
少しでも多くお金を調達できるようにしたいと思っているでしょうから、多くの人は還元率を真っ先に見るのではないでしょうか?
還元率が高いほど、お金も多く得られるようになるのですから、当然の心理といえるでしょう。

ですが、業者によって相当還元率に開きがあったりするものです。
また、同じ会社でも、そのプラン内容によって相当還元率に差が生じているということもあります。

業者の数も多く、競合が起きているのですから、あまりに還元率が低い業者は見向きされることもなくなってしまい、
利用者が現れると言う事もありません。

ですから、薄利多売をして、利益を確保できるように還元率を高くしている状態になっているのですが、其れでも還元率が違いすぎていますよね。
これは、その業者によって、現金化をするときの方法が違っているということが理由の一つとして挙げられます。

少しでも手数料がかからない方法を知っている業者は、それだけ還元率を高くしても利益を確保することができるわけです。
ですが、大体の業者はプロフェッショナルなのですから、そこまでノウハウに違いがあるということはないでしょう。

後は考えられるのは、宣伝をするために高還元率を謳っているというものです。
高還元率にしておけば、それだけ注目されることになり、顧客が増えることになります。
ですが、あくまでも高還元率にしているのは宣伝をするためであり、本当にその還元率でキャッシュバックしてもらえるとは限りません。

ですから、例えば96~99%などといったありえないくらいの還元率になっているのであれば、その業者は疑っておいたほうが良いですね。

過払い金請求って何?

最近テレビのコマーシャルなどでも、「過払い金請求を返還してもらおう」というような宣伝を目にすることが多くなりました。
弁護士事務所や司法書士事務所が、このような宣伝をしていることが多いのですが、テレビなどで宣伝をしているということは、それだけ利益を出していると言う事なのでしょうか?

以前は小さな法律事務所がこのような宣伝をしていたりしていたものですが、最近はかなり大手の法律事務所でも、このような過払い金請求の宣伝を行っています。
大手でさえ宣伝をしているくらいなのですから、過払い金請求は司法書士や弁護士にとっても儲かる話なのでしょう。

出はどうして、過払い金請求はそこまで利益を出すことができるのでしょうか?
これは、グレーゾーン金利による過払い金を、消費者金融は利用客に返還をしなくてはならない判決を最高裁判所が出したからです。
これは一つの訴訟の判決ではあるのですが、同じ訴訟内容なのであれば、裁判をしても最高裁での判決が採用されることになるのです。
ですから、過払い金の返還請求をする人がとても多くなりました。

大手消費者金融

最高裁判所が、返還を認めてしまったわけですから、消費者金融も、その返還に応じなくてはならないわけです。
司法書士や弁護士としても勝ちは決まっている内容になっているわけですから、このように過払い金請求の返還に関する宣伝に力を入れているわけですね。

これまで消費者金融はグレーゾーン金利によって多くの利益を得てきました。
必要以上の利息をこれまで利用客に支払わせていたのですから、自業自得といえるでしょう。

ですが、過払い金請求をする人が非常に増えてしまったことによって、大手消費者金融ですら倒産をしてしまう事態になってしまっているのです。
逆を言えば、それだけの荒稼ぎをしてしまっていたということです。